2010年11月02日

パチンコで勝つための打ち方徹底攻略G

今回は、ボーダーラインの算出の仕方をご紹介します。

このボーダーラインの算出はパチンコで確実に勝つためには必ず必要になりますので、ぜひとも覚えてくださいね。


現在人気のCR北斗の拳剛掌もこのボーダーラインを算出し、ひたすら長く打つ、という打ち方ができれば、確実に攻略できるでしょう。


下記がボーダーラインの算出の仕方です。↓

ボーダーライン=1000÷(初当り確率×平均連荘率×当り1回分の出玉×換金率)
等価交換ボーダーライン=1000÷(初当り確率×平均連荘率×当り1回分の出玉×4)


こうして文字で見ると結構難しそうに感じますが、パチンコで勝っている人は、これを計算して台選びをする、その後は長く打ち続けるという打ち方を徹底しているのが現実です。

また、これがどうしても難しい、できないという方は、パチンコ雑誌や、ボーダーラインを計算してくれる便利な機械、携帯サイトなどもありますので、是非そちらを参考にしてみてくださいね。

参考までに、ここに上記の計算式ではじき出したCR北斗の拳剛掌のボーダーラインを載せておきます。


【CR北斗の拳剛掌】ボーダーライン
2.8円   20.1
3円     19.5
3.3円   18.7
3.5円   18.3
4円     17.4


ボーダーライン算出を真っ先に習得し、一日も早く、パチンコで確実に勝つための自分だけの打ち方を編み出してくださいね。


次回は、いろいろなパチンコの打ち方の攻略法を勉強したけど、それでもやっぱり出る台の選び方が分からない。

そんな方のための秘密の攻略法をこっそりお教えしますね。
posted by PachiSlotMaster at 00:00| Comment(0) | ボーダーライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

パチンコで勝つための打ち方徹底攻略E

先回もお話したように、パチンコで確実に勝つための打ち方は、よく回る台で長く打つことでした。

そのためには、釘を読めるようにしておくはできる限りできるようになっておきたいところです。

釘読みは確かに初心者のうちは、難しい部分でもあります。


しかし、これは、慣れれば意外と簡単にできるようになるものなのです。


釘を読めるようになるということは、デジタルが回るかどうかを釘の打ち方で判断し、ボーダーライン以下の台を必要のない投資を極力避けて切り捨てるために必要であり、同時に、そのパチンコ店が本当に出玉を還元する意志があるかどうかを知ることができるため、パチンコで本当に勝ちたいと思っている人には、重要なスキルなのです。


以前の釘の形と現在の釘の形、同じ機種でもシマ内、他店では釘の形も異なります。

様々な角度から釘の形を比較して、その中で最もボーダーラインが良さそうな台を選択することがパチンコで確実に勝つには大前提になるのです。


感覚的な部分も入るので、各個人での見解は違うことも珍しくありません。

一般に出回っている釘の読み方があなたに確実に合っているとは言い切れませんので、あなただけの釘の読み方を確率することが大切になってきます。

そのために、過去のデータ(感覚的に覚えるだけでも構いません)と照らし合わせて、
『そういえば、前回やったときにはこのくらいの釘調整の場合には、通常時は意外と回ったな。』や
『昨日の台と比べてヘソ釘の幅が狭めだから、危ないなかな』とか

『アタッカー周辺の釘がプラスになってるから出玉はあの時よりも多いかもしれないな』

と言った、自分だけの基準が必要不可欠になります。 



自分だけが覚えた基準の釘調整があるからこそ、今目の前にある
 
台の釘調整を比較することが出来ますし、また基準となる

釘を思い浮かべることでいろいろと比較することもそうですが
 
推測することが出来るわけです。


まずは徹底して釘の形を覚えることが大事です!

適当な打ち方をしていては、絶対勝てません。

ボーダーライン以上の台、自分が目標としてるラインの台を

見つけて、それを基準とするのがパチンコで確実に勝つため打ち方を覚えるには近道なんです。

次回は、簡単なボーダーラインの算出方法をご紹介します。
posted by PachiSlotMaster at 00:00| Comment(0) | ボーダーライン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。